トンネル独壇場

8月2日 帰宅 羽田が停電とは・・・

帰省6日目。

とうとう、おやすみ最後の日。長かった休みも終了だ。翌日からは仕事が始まる。

ということで、実家での最後の食事。それにしても、最後までよく食べた。多分、かなり太ったんじゃないか?一日三食、きっちり食べて、夕食では必ずご飯を御替り。これで太らぬはずが無いってか。まぁ、また当分、栄養の足りない生活を送ることになるんだから良いよな。今回の栄養も近々消費してしまうんだろうし。

さて、昼食後。帰宅の為に荷造りして一路関空へ。今回は14時50分フライトの便を抑えてみた。関空到着は14時10分ごろ?まだまだ時間がある。そこで、おみやげ物をちょこっと見てまわる。まぁ、前日に買ったしってんで、そうそうにセキュリティチェックを受けてロビーで待った。そしたら「整備が終わっていないため遅れます。」というアナウンスが・・・。

30分ほど待って搭乗が始まった。やっとかぁ、と思って。座席に座って、ほっと一息ついたら、またアナウンス。「羽田での停電の影響で離陸できません」。どうもニュースにもなってる羽田の停電の影響をもろに食らってしまったらしい。運が悪い。結局、搭乗が15時だったけども16時まで待ちますとの事。

16時。羽田との連絡が取れたらしいんだけども、まだ羽田上空を旋回している機体があるらしく、「とりあえず飛んで羽田上空に行かないと順番待ちの列に加われないので、どうなるか分かりませんが飛んでみます・・・」とのこと。本気か?とか思っていたら、「その為に燃料を追加で補給します。」との追加アナウンス。本気らしい。

16時15分ごろ、本当に燃料を追加して離陸準備。一瞬、妙な匂いが機内に立ち込めた気がしたが、すぐになくなった。そうそう、燃料補給の時には、普段は乗客は乗せていないのだろうか?「シートベルトを外してください」とアナウンスが入ってひとりひとり外しているのをチェックしてまわってた。ちょっと「へー」って感じ。そして、準備完了後、離陸した。

正直、羽田上空を旋回なんて、うれしくない。しかも、天候もあまりよろしくない。どうなるのかな・・・とか思っていたのだが、幸いにして自分の乗った便は旋回運動することなく、素直に羽田に到着できたようだ。しかし、すでに18時近かったか。もう家についている予定だったのにな。

その後、バスに乗って横浜まで。この選択もちょっとミス。道路が混んでた。おかげで最寄の駅に到着したのが19時半近く。ちょっと買い物してたら20時。14時前に実家を出たから、6時間は掛かったって計算だ。本当に疲れた。

そうそう、帰ってきたら親からメールが来てた。それによると、自分は気づいていなかったけど、この件で待ちぼうけを食らってた時に、関空でTVカメラに映っていたらしい。しかも、一番遅れた便だったんだとか。でも、羽田には降りれたから良かったのかな?中部とか仙台に降りたのもあるらしい。それに比べればついていた・・・。そういうことにしておこう。
[PR]
by duboraya | 2005-08-03 00:27 | 活動報告
<< 8月3日 たまねぎパイの味が変... 8月1日 帰省5日目 たまねぎパイ >>



日々の活動日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31