トンネル独壇場

10月3日 派遣の統括

一週間ぶりの更新。先々週からの疲れを引きづった先週。引き続き発生する数々の問題。毎年のことかもしれないが、9/E~10/Bは大変だ。

まずは月曜日。

この日は、先週発生したMK問題から発展した組織体制についてのお話し合いがあった。基本的には派遣先でのお話なのだが、今回、派遣社員を束ねる形で自分をTopに置くという形態をとることになったことから、自分も話し合いに参加している。

で、話し合った結果、自分が派遣社員全体の業務の割り振りについて、ある特定分野を仕切ることになった。業務量調整。これが今回の大義名分になっている。しかし、その実は、MさんとKさんの間にあるいざこざを断ち切ること。これが目的となっている。

ついでに言うと、自分としても別で目的があった。(言ってはいないが。。。)それは、今回引き受ける分野については、全て派遣社員でやってしまうようにすること。

理由は簡単。今回の引き受ける分野については、むしろ社員さんのほうができないからだ。はっきり言ってしまえば泥臭い仕事。事務所で論文読んだりしながらアカデミックな事をやっている方が面白い。だからこそ軽んじられる。どちらも重要なのだが。。。言い換えると、設計と製造の関係?理想と現実?そんなところのイメージが合っているように思う。

ということで、具体案について自分が方法をまとめて提案することになった。それが完成した時点で、再度集まって議論しようと言うことになった。

ついでに、この時点でMさんが火~水と休むらしいことが判明。つまり、木曜日までには仕上げて提案すればよい。

方法については、大体固まっているのだが、それをわかりやすく資料に起こすのに少し時間がかかる。資料に起こしていると、自分の理解が怪しい部分とかがわかってくることもあって重要なので、省くことはできない。特に今回は、理解が怪しいと思い込みで動くことになってしまい、また、話がややこしくなってしまうかもしれない。

ということで、しばらくその為の資料作りが仕事に加わることになった。

あと、自社の業務の方も週末の全体会議に向けて発生中。こちらも組織形態を変更中なのだが、今回の自分の担当人数を見てびっくり。正直言ってしまえば多いと思う。今まで感覚だと、多分、大変なことになりそうな気がしてくる。ただ、評価方法とかも変わったし、それを加味すると何とかなるのかな?という気もする。というよりは、これをチャンスと捉えたほうが良いのだろう。

”逆境は最良の教師なり。”

これを信じてがんばるしかないか。
[PR]
by duboraya | 2005-10-10 11:26 | 活動報告
<< 10月4日 資料作り 10月2日 演奏会当日 >>



日々の活動日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30