トンネル独壇場

<   2005年 05月 ( 46 )   > この月の画像一覧

5月30日 モチベーション

今日は雨。なんとなくべたべたするし、寒いし、気持ちの良いものではない。おかげで仕事もぱっとしない。とはいえ、先週までの何かを抱えながらの重さは消えたので、精神的にはずいぶんと楽になった気がする。たいしたものだ。まぁ、まだいくつか宿題が残っているんだけど・・・。しばらく忘れることにしよう。

さて、今日のお仕事はデータのまとめ。測定自体は先週始めに終わってたんだが、ざっと見て問題なさそうだったから放置していたもの。今日まとめてみて、ざっくりとは問題なさそうに見えるが、見ようによっては・・・?って感じ。どう解釈すべきなんだろう?とか考えながらパワーポイントに貼り付けてった。これを明後日、報告してくれってことだ。

今回のデータ。とにかく問題なのはわかるんだけど、なにがどうってのがはっきり言って良くわからん。これ、社員さんも「なんで?」ってものだから、とりあえず会議で報告して、みんなで考えようかって感じだ。なので、その為のデータ集め。ただ、ここで考え方の違いが出てくる。こういうケースの場合、結論が見えないので、バックデータはある程度しっかりと準備しておいた方が良いと思うと長くなりがちなんだが、見やすさと報告の聞きやすさという観点からだと、短めにまとめることが求められる。当然、出席者がどこまで知ってて、どれを省いてよくてとかわかっていれば良いんだが、そこが問題。正直、そこのさじ加減ってのが難しい。今回は、まだ自分の方も状況がわかっているのと体調も良さそうなので何とかなるかな?寝ぼけてやると最悪なんだよ。

そうそう、話は変わって”モチベーション”について思うことがあったから書いてみる。これって”やる気”ってんで良いかな?これってものすごく些細なことで、明らかに変わる。今日はこれを実感した。派遣先のSさん。普段から冗談なんだか本気なんだかよくわからない言動で戸惑わせる事が多いんだが、今日言われたのが、

「こいつにそんな高尚なことを聞いてもいかんで・・・」

まぁ、確かにそうだろうと思うよ。聞かれたところでとは思うよ。でも、それ聞いて苦笑い以外にはないよな。多分冗談のつもりだったのかも知れんけど、あれはいかんでしょ?と思った。かなりやる気を削がれたね。実に簡単だ。こんな一言で、やる気を失っていくんだから。逆に、同じような簡単な一言でやる気を出させることもできる。面白いもんだ。ほめるってのが一番手っ取り早いんだが、それも使いどころを間違わないことだ。もう一人、Tさんっていう社員さんがいる。この人、去年の新入社員さんなんだが、とりあえず人を誉めるのが好きなんだそうだ。で、しょっちゅう誉めてくる。最初は、さすがに悪い気がしない。しかし・・・。今じゃ、気味悪い。本当にそう思って言っているのか?彼の言葉が信じられなくなってきている。ほめすぎたせいではないかも知れないが、とにかく彼は今、明らかに失敗している。その辺が難しいところなのだろう。

とまぁ、そんな人たちのいる職場なんだが、最初のSさん。この人。そういう言動をしているが、それなりの立場にいる人だ。しかも大手で。”大手で、そういう立場にいるのにそんな言動をしてしまう”という現状は多分自分達にとってはチャンスだ。つけ入る隙がありありだからな。

昔、自分は大学で、『所詮、教授って言っても、その程度か』と思ったことがある。確かに、頭は良い。でも人間的な部分で足りない部分が非常に大きい。何度挨拶しても無視するとか、モチベーションを下げるような言動を平気でするとか、などなど。しかし、そんな人でも大学教授になれるんだって思った。そしたら、大学教授がものすごく身近な存在に感じた。決してすごい人ではない。ただの職業のうちの一つなのだ。

派遣先の人にも同じことを感じている。大手に入っている人たちだから、確かに賢い。有名大学でてるし。しかし、足りないところも非常に多い。同じ土俵で勝負さえしなければ勝てる。そう考えると、急に身近に感じるものだ。うん。

今日は、ちょっとバカにされた感じがしたが(事実そうなんだろうが・・・)、そもそも争うポイントが違うんだからな。自分に自身を持てるものをしっかりと見につけていこう。よし、だいぶん自信が戻ってきた。

明日からもがんばろう!!
[PR]
by duboraya | 2005-05-31 00:31 | 活動報告

掲示板更新!!

掲示板(all)の更新情報!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
05/29/2005
・新入社員歓迎会(横浜)のコメント追加&写真アップ完了(低解像度版)
 (Top→赤ビル掘りごたつ→新入社員歓迎会’05)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
05/21/2005
・新入社員歓迎会(海老名)のコメント追加&写真アップ完了(低解像度版)
 (Top→赤ビル掘りごたつ→新入社員歓迎会’05)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by duboraya | 2005-05-30 00:00 | 更新情報!!

5月29日 歓迎会写真アップ!!

さて、本日はようやく疲れも取れて普通の生活に戻れそうな感じ。とりあえず、歓迎会残件の処理ってことで、デジカメでパシャパシャとってた写真をHPにアップした。今回はMさんがメイン。ぜひ一度、足を運んでいただきたい。

写真を整理していて思ったのだが、結構、写真だけ見るとみんな楽しんでいるように見える。自分自身は調整に徹してたからかよくわからなかったが、実はそれなりに盛り上がってたのかな?少なくとも写真に写っている人たちは楽しそう。良かった良かった。ちょっと、ホッとした。

写真は、コメントつきで海老名の時と同じ掲示板の中にURLを記述しておいた。(社員限定)
見てもらえればなぁと思う。あと、集合写真はみんなに配りたいな。せっかくだから。

その他。今日は、また横浜お出かけ。今回の備品等を次回以降も流用するための整理用に袋等を購入。それから、派遣先で使おうと思って整理用のファイル。これは、以前、同じ派遣先のNくんに教えてもらった”京大式カード”を使うためにと思って。

”京大式カード”。これはB6サイズで固めのカードで、誰だか忘れたが京大の先生がフィールドワークで使うために考案して、発注したものらしい。それを本で読んだのを教えてもらったのだ。それで、一度使ってみたが長続きしなかった。しかし、今回それを復活させようと思ったのだ。理由は、こういったメモの技術を自分のものにするため。この方式にこだわる気はないが、癖付けしないといけないとは思ってる。ただのメモ用紙だとまとめるという作業がないため、メモを取って終わりになってしまってる。それではいけないということだ。とにかく、もう一度試してみようと思って、道具を買ってきた。果してどうなるか?

それから、本屋に寄ってみた。読んでない本は大量にあるので、それらを何とかした方が良いのはわかるが、なんとなく寄ってみたくなったのだ。そしたら、以前から購入しないとなぁと思っていた本を発見!!

『ビジョナリーカンパニー』
『人を動かす』

これは、ここでも何回も紹介してる『渋谷ではたらく社長の告白』のなかで出てくる本だ。多分、『渋谷で・・・』が売れたので置いたんだろうな。自分なんかまさに、そこに出てきていたから買おうと思ったわけだから。

さらに、同じ人が書いたもので、続き?も置いてあったので、一緒に購入。これで4冊。あと、薄手の本で、「頭のいい人・悪い人の仕事術」って本と「偏愛マップ」って本もあわせて購入した。

偏愛マップ。以前、何かで読んだ時の記憶が頭に引っかかってて思わず手にとって見た。これってアイスブレイクに使えそう。理屈は良くわかる。何かって言うと、自分の偏った趣味というか、マニアな部分を書き出して一枚のマップにするのだそうだ。そうすると、それをネタにして話が弾みやすいらしい。これって、一度書いてしまえばいくらでも使い回しが効くから、コミュニケーションツールとして格好の題材になるというもの。ざっと最初を読んだだけで、そういった情報が出てた。一度書いてみようと思う。

最後に、昨日のブログで、「これからは自費ででも健康診断で人間ドックにいこうと思う」って書いたと思うが、今日、調べてみたら、どうも駄目っぽい記述しか見当たらない。無理なのかな?
[PR]
by duboraya | 2005-05-29 23:18 | 活動報告

5月28日 荒れた生活・・・

実は、昼間に更新してから、今日は何もしていない。更新後もしばらくネットサーフ。何かやろうにも、その気力が湧いてこずだ。夕方になって、あまりのだるさにベッドで横になったら、また寝てしまった。起きたら20時。まぁ、これで体力が戻ってくれれば御の字か?

こんなことをブログに書いてたら、親からメールが来た。
「食生活と仕事の忙しさがすごいけど大丈夫?」って。

で、ちょっと考えた。いったい、いつからこんな生活になったんだろう?って。

今の会社に入って4年がたった。この業界の場合、会社の中では立派な中堅どころになってしまう年数だ。年齢的にはまさにそうなんだろうけど。最初は、ここまでじゃなかった。なんせ、自宅に帰ってから自分で食事を作る気力もあったし、寝る時間ももっと早かった。それがこんなに忙しくなったのは、派遣元の仕事が増えてからだろう。

派遣先の仕事。これは、自宅に持ち帰ってすることはない。それは明らかなルール違反だからだ。派遣社員がそれをやってしまうと、いろんな意味で不具合が起きる。(やってる人は、それが他の派遣社員に与える影響というのを考えた方が良いだろうな。)

しかし、派遣元の仕事。こればかりは逆に自宅でしか出来ない。家に仕事を持ち込む、ってのは世間的にはルール違反だと思う。自分にしても、いくら管理職手当てがついているからといってもNGだろう。しかし、それでもやるのは、自分が思う形態に近づけたいためだ。不満なんて、いくら陰で言ってもしょうがない。それで何かが変わりはしない。そして、みんなの不満のない会社なんてありえない。であれば、少しでも自分の色を会社に注入して居心地を良くする事のほうが建設的だ。だから自宅だろうとやることになる。それも積極的にだ。昨日の歓迎会なんて、その最たる物の一つだろう。

それが、自分の体にとっては良くない。それはそう。派遣先の事務の人にも言われるし、派遣元の人にも時々言われる。顔色良くないとかは最近しょっちゅう。自分でわからないのが怖いな。心配はかけたくないが、どうにもならない。「せめて食生活は」とは思うんだが、自分で作るのは難しい。それに、派遣先の食堂で食べるのも今ひとつ。

そんなのもあって、いろんな人から、「そろそろ嫁を・・・」とは言われるが、相手がいない状況は変わっていないからな。それで、よけいに生活が安定しないのだろう。いま仮に結婚したとしたら、こういう生活は出来る気がしない。したとしたら離婚かも?と思う。まぁ、一人身だからこそできる無茶ということか。

こういう問題は、精神論で「がんばろう!!」って言っても意味がない。体にも気をつけないといけないのは間違いない。なので、今年から毎年人間ドックを受けようかと思ってる。会社のとは別になるのかな?お金がかかっても、その方が安心な気がしてきたし。あとは、相手を探すことかな?まぁ、それはおいおい。
[PR]
by duboraya | 2005-05-29 02:41 | 活動報告

5月27日 今年2回目の新入社員歓迎会

昨日は、やっぱり帰ってこれず。また徹夜。体にはきついんだが・・・。ということで、また日が変わってからの更新になった。

題名の通り、昨日は、今年2回目の”新入社員歓迎会”。結構準備が大変だったので、昼間は一日休みを取った。疲れていたこともあるけど・・・。

派遣会社の飲み会。自社の奴は、さんざんやってきたけど、今まで書いてきたとおりかなり問題点が多い。派遣先での飲み会とかに比べて、明らかに難しい。それらを何とかしようってので、今回の歓迎会は色々と新規の試みを行った。意識して行ったことは下記の通りだ。
1) 座るテーブルの指定。
2) テーブル単位でのディスカッション。
3) 全体写真撮影

このうち、
1)は、歓迎会なんだから歓迎することを目的にしているわけだ。なので、先輩社員から新入社員へ積極的に話しかけることを期待した。また、どうせテーブル単位ぐらいの人を覚えるのが精一杯だろうと思うし。それから先輩社員の中からも、リーダシップを発揮して欲しい人を各テーブルに配置してた。そういった人たちにテーブル単位を盛り上げて欲しかった。公言はしなかったが、テーブルにはそういう人を配置した。それから、派遣先単位でのまとまりも強いほうが良いだろう?と思ったので、そういった単位でも考えている。

結果。派遣先単位というのは、”盛り上がり”という意味で効果があったところは効果があった。リーダシップという意味では、一部のテーブルで効果が確認できた。やはり、期待した人がリーダシップを発揮できたところは盛り上がりやすいようだ。ただし、期待した人が機能しなかったところは、なんとなく盛り上がりに欠けていたようだ。

2)はっきりいってやめときゃ良かった。飲み会でやるには難しかったようだ。それに、これは、1)でのリーダシップを取れる人が各テーブルにいるかどうかで決まる。そういう人がいない場合。どう考えてもまとまらない。今回はまさにそうだった。難しいものだな。

自分は、派遣社員は『リーダーシップをとれる人間』を育てるのが非常に難しいと思っている。しかし、必要ないわけではない。必要なのだ。それが出来なければ、それこそ「言われたことを言われたように、ただひたすらにこなすだけ」になる。技術のプロフェッショナル。聞こえはいいが、ただの技術屋だ。それで将来どうなるのか?自分は、想像したくないな。

3)は、とにかくいっせいに何かをやることで一体感を高める。これを目的にした。あとで、集合写真とかを見た時に、

「そうそう、このときね・・・」

見たいな話ができることを期待して。しかし、人数が多すぎたかな。それだけでもないと思うが、ここでもまとまらない。みんな自分たちのことで手一杯だったようだ。まぁ、指示も不明確だったしな。とりあえず写真は取れているから、良しとしようか。


とまぁ、こんな感じだ。つまるところ全体的に、どれも今ひとつだった。今までと大きな変化をつけることは出来なかった。何かの本で、

『100人を越えると、企業には文化が出来上がって、そして定着する。そうなると、その文化を変えることは非常に難しい。』

と書いてあった。既存社員が無意識のうちに作ってしまったイメージを壊すことは非常に難しいからだ。まして、歓迎会のような会では、『なぜ、その会を開催するのか?』といった存在意義のようなものまで考える人というのは、そうはいない。問題意識を持つ人となると、さらに少ない。そうなれば、もう変わりようがない。それが、今回の歓迎会でもでたんだろう。一気に変えようとしたから?新人には、今まさに、この白紙の瞬間が重要なのだから。やるしかないと思うのだが、果して・・・。

結局、”まぁ、ぼちぼちでした”という感じで終了。自分は、ほとんど飲み食いなしで立ちっぱなし。ろくすっぽ話もできず。調整に追われたって感じ。疲れた。その後、2次会へ。

2次会はカラオケになった。正直、幹事から解放されて、ようやく一息つけると思ったのだが、そうは問屋が卸さない。結局、こちらにまたまたお鉢が回ってきた。誰か代わりにやってくれ~。と思いながらも、ずらずらと10名程度を引き連れて練り歩いて、到着。今回は、座れたのでちょっと安堵。1次会では、ほとんどまったくといって良いほど、何も食べず、何も飲まず。とにかく、何かと思ったのだが、カラオケなので飲みだけ。ビールを何杯か流し込む。時間も時間だったので1時間で終了。その時点で、同じ派遣先のS君の終電が終了。朝までコースが確定した。それは、自分も帰れなくなった瞬間だ。置いて帰るわけにはいかない。他にも何人かいたが、大半が藤沢近辺とか。そこで、藤沢に移動することにした。

藤沢に移動し、ビリヤード&ダーツができるお店へいった。自分は、そこに入る前に、あまりにもお腹が減ってたので、バーミヤンへ。”海老と野菜炒め”&”餃子1人前”&”ライスセット”を注文。ようやくお腹が落ち着く。それと同時に睡魔が・・・。なんとか耐えて、合流。ビリヤード2台とダーツ。先日の記憶をなくしながらのビリヤードと違って、眠いが意識がはっきりしている。しかし、思ったとおりに当たらない。明らかに下手になっていると思う。気分的には、音だしなしで合奏に参加した気分。結構辛い。ちょっと練習したくなったな。

そんな感じで朝まで。5時過ぎに店を出て、帰ってきたのが6時。そのまま寝て今に至る。
[PR]
by duboraya | 2005-05-28 14:21 | 活動報告

5月26日 ストレス

昨日はブログを書きかけで挫折。よっぽど疲れていたらしい。なので、今日は休みを取った。といっても、今晩の準備が終わっていないためだ。これから急いでやらないといけないんだな、これが。

~昨日の書きかけから~
疲れのピークなのか?どうも、今日は本当にやる気が起きない。いまですら、ブログを書く気力を振り絞っているところだ。おかげで今日は一日不機嫌だったらしい。自分では珍しいと思っているんだが、意外とそうでもない?実は普段からそういうオーラって出てるのかな?ちょっと気になるな。

仕事。
自分にとっての仕事は二種類ある。これまでも書いてきたとおり、自社の仕事と派遣先の仕事だ。この両方は、大部分が独立している。その結果、それぞれのストレスは別々に自分に降りかかってくる。さて、今回の場合は?

自社。
新入社員歓迎会の準備。これの場合は、大半はまだ疲労の方が強い。ただ、ストレスもかかってる。そもそも出席率がかなり悪い。まぁ、今に始まったことではないが、対策が打てていないことを物語っている。そして、今回、その”対策”をいくつか行った。その”対策”というのが”企画物”になる。これが人によっては面倒だという意見がある。ただ、飲めれば良いんじゃないか?って。そうも行かないから苦労してるんだけど・・・。まぁ、確かに歓迎会自体の問題ではなくて、普段からの付き合いの問題というのも当然あるけどな。

派遣先。
派遣社員。これは、場合によっては便利屋として使われるケースがある。なんせ、派遣先が積極的に教育する必要がないから。最低限、言われたことをこなせればOKという部分もあるが、発展性のない仕事、今後につながりのない仕事をあてがうケースもあったりする。現在、自分の場合は後者に近いんじゃないか?という気がしている。まぁ、これについては自分も悪い。自社業務が忙しいこともあって、優先度が高いが発展性のない仕事を潰す作業をしていたのだ。それが、これまでブログで書いたとおりだ。それが、ストレスになっている。なんだか、こんなことを続けて将来のなんになるんだろう?と無力感に襲われるのだ。5年後・10年後を想像したときに、今の自分の仕事がなんの役に立っているのか?当然、その派遣先とは縁がないだろう。そうすると、そこでしか通用しない特殊スキルというのは役立たなくなっている。かつ、発展性がない。派遣でなければ、それも必要な知識なんだけど、派遣だからなぁ。これじゃ駄目だろうな。

その他もあるけど。自分がこんなことを書いても良いのか?と思いもしたが、同じような感覚の人はいくらでもいるはずだ。自分のような立場になったところで、現状はそれほど変わらないというか、悪化すらしている感がある。なんとかしないといけないと思うんだがね。今回の歓迎会が一段落したら、しばらく派遣先の方の状況を真剣に改善してみようと思う。とにかく今日をがんばろう。

他の仕事がらみ。
今の私の派遣先から求人が来たらしい。そこで、先輩としてアドバイスをってことで、同じ派遣先のSくんと自分、それから、その新卒のFくんと営業のKくんとで話した。このFくん。専門は機械だったらしいのに、”半導体分野に入ることになるかも”ということで不安だったようだ。一緒に出たSくんも、まさに同じ経歴の持ち主。基本は、二人で話してもらって、いくつか補足するみたいな感じだった。感想は、ちょっと元気がなく見える。大丈夫かな?結構見た目の元気さって大事なのだ。印象が違うから。がんばってくれとしかいえないが。しかし、どうして半導体分野なのに機械から人が行くんだろう?その辺は不思議だ。本人も戸惑うだろうに・・・。

その他。
本当にふらふらしてたのに、帰ってきたのは23時過ぎ。何やってたんだろう?で、晩飯を食べに”松屋”へ。新メニューが登場。その名も”スープカレー”。スープ状のカレーと、ご飯・サラダがつく”プレーン”。それにナンがつく”レギュラー”。さらにチキンがつく”スペシャル”。の3種類が準備されていた。「とりあえず試してみるか?」ってことで、スープカレー”スペシャル”の食券を購入。出てきたスープカレーを一口すする。「辛い!」。店の中に張っているポスター。そこにスープカレーの宣伝の文字が並んでる。

”君はこの辛さを制覇できるか!? 超激辛 スープカレー”

しまったー。激辛って書いてる。実は、自分は辛いのが苦手だったのだ。どうしたものかと思案したが、「出された物は、残さず食べる」。これだろう?ってことで、がんばって食べ始める。これ。なかなか微妙。ご飯があるのに、ナンがある。しかもスープだから、自分としては今ひとつ。あと、チキン。これは、カレーにつけて食べるというよりは、単体で辛さを抑えるためって感じだったのかな?つけてみたけど、あんまりだった。すこしなら良いかも。

総合判断。×。自分には駄目だ。胃がやられてしまう。味も、これだったら同じセットで、スープでない普通のカレーにつけて欲しい。そしたら食べられそうだ。多分、よほどのことがないと次は頼まないかな?
[PR]
by duboraya | 2005-05-27 10:40 | 活動報告

お尻が大変らしい・・・

このタイトル。別に自分のことではないのであしからず。

室井さんのブログが更新されたのだ。そのネタがまたお尻。しかも、今度は血便?やばいのではないか?少なくとも良くはない。お医者様にもかかられたようで、腸にポリープだったそうだ。

疲労?ストレス?と、そういうものしか思いつかない自分。内蔵がやられるとまずそこに行くんだよな。他には何かあるのかな?いずれにしてもゆっくり休んでくださいといいたいところだが、そうはいかないらしい。7月まではスケジュールびっちし。やっぱり忙しい人なんだと、改めて認識した。

さて、今日は、カタカナの使い方について書かれてた。カタカナ。自分は漢字が良くわからん時に使うものでしかなくて、あんまりカタカナを使っていないような・・・気のせいか?しかし、確かにカタカナを使うことで印象を制御できるとの説明には納得。そうだよな。「夜空ノムコウ」はカタカナとひらがなじゃ印象がまったく違うもんな。意識して見直してみる価値はあるよな。まぁ、自分の場合は論文調にしかならんかもしれんから、それ以前の問題かもだけど。

お尻。お尻というと、自分は最近お尻の肉がなくなってきた気がする。筋肉がなくなったのか?座ってると、尻の骨に椅子が当たって痛いのだ。だから姿勢をしょっちゅう変えないといけない。大変だよ。ついでに尾てい骨も結構でてる。「あれ、俺、しっぽがある」って、本気で思ったぐらいだ。(その後、俺よりも出ている人を発見したけどね)何とかならないかなぁ。といって、色々食べても太るのはお腹周りだけだからな。困ったもんだ。
[PR]
by duboraya | 2005-05-26 01:53 | 散策報告

5月25日 歓迎会打ち合わせ 2nd

まずはお仕事から。
何したんだっけ?午前中は、Kさんの質問について教えてたら終わっちゃったし、午後は、データまとめとチェックとトラブルへの対応について話し合ってたら終わった気がする。実は、あんまり仕事をした気がしない。特に、どうしようってのを議論したりすることがあると駄目だ。すぐに時間が経ってしまうのだ。地道には進んでると思うんだけど、なんとなく場当たり的な対応の部分も多い気がする。駄目だよな。これじゃ。

それから、話は変わるけど、最近、派遣という仕事での、その場所でのスキルアップだけに限界を感じている。だから、自社業務を中心にしているが、そう考えてしまうと、昼の時間は無意味にすら感じてしまうこともある。でも、それではもったいない。そんな時間も、立派な時間だ。なので、今後はそういった時間も使って、もっと自分のスキルアップをしなきゃいけないと思っている。ってことで、派遣されながらも派遣先に依らないスキルの構築を目指そうと計画中。今週末に決めて、来週からは本格稼動できるように準備を進めよう。具体的には”メモとり手法の確立”・”京大式カードの使用法の確立”。うまい方法ないかな?

と、派遣先のお仕事はこんな感じ。その後、いよいよ明後日に迫った新人歓迎会第二段 in 横浜についての打ち合わせ。先週の段階では詰め切れていなかった部分が見えてきたので、再度集まることにしたのだ。

今回の目的は、「どういう流れで会を進めるか」だ。”ただの飲み会にしない”ということで、色々と企画を考えていたのだが、良い案が出来た。ただ、実際にどういう流れでそれをやっていくのかをシミュレートしていくと足りないというか、決めておいたほうが良いことが色々でてきてた。それらを詰めたということ。正直、集まってよかったと思う。合意が取れたのが大きい。
いやぁ、M君、N君、ありがとう!!

さて、大枠は決まったので、あとはそれについて準備するだけだ。大変だけど、やることは決まっている。もう、あとはそれらをやるだけなのだ。そうなると、それこそ、あとは企画の楽しい部分。これらがうまくいったときのことを想像しながら、いろんなところを凝ってみたりと、まぁ面倒だけど面白い作業になってくるのだ。これで時間があれば・・・。それだけが問題なんだよな。まぁ、何とかしましょうか。
[PR]
by duboraya | 2005-05-26 01:34 | 活動報告

5月24日 ”できる社員は「やり過ごす」”

まずは今日のお仕事。

なにやったんだろう?測定データのまとめはやった。これは・・・やっぱり問題発覚。原因は相変わらず不明だ。関連データのまとめを行う。社員のSさんに報告したところ、追加のデータ測定をしようということに。あとは物理解析しましょうということになった。明日以降も引き続きやっていく。それとは別件で、試作のフォローも行っている。こっちもまぁ大変だ。それが、明日から二つに増える。それぞれが別々の場所から自分に降ってきている物だから、トータルのワーク量は果して誰が把握しているのだろう。それに加えて、帰ってきてからのワーク。かなり発散気味だ。こういうときに頭に響く言葉。

”できる社員は「やり過ごす」”

これ、本のタイトルなのだ。どういう意味かって言うと、仕事の優先度をうまくつけましょうってことと、場合によっては手をつけないってことも重要だよってこと。

仕事ってものは、期待が大きい人にほど大量に振ってくる。そして、その期待に答えることができると、じゃぁってことで、どんどんと降ってきて、いつかキャパをオーバーするぐらいになる。そうなった時に、その人の真価が問われるというのである。サラリーマンをやっている以上、自分達は組織の中に組み込まれた形で活動する。なので、上に行くような人は、その会社の重要なことや価値観といったものを熟知している必要がある。そういった感覚が必要になるのだ。

そこで、話を戻す。仕事が大量に降ってきたとき。その期待されている人に求められている物は、降ってきた仕事が本当に会社のためになるのか?自分のためになるのか?といったものを判断材料に取捨選択を行い必要なことを行っていくということである。そうでないものはやらないという判断も必要なのだ。つまり、全てを問題なくこなすことを求めてはいないのだという事だ。

さて、では自分にとってはどうなのか?ここで問題なのは、自分の業務内容が派遣技術者だという事だ。どこに価値観をもっていくべきなのか?サービスという点で言えば派遣先の業務を最優先にするべきだと思う。しかし、自分にとっては派遣先で技術力を提供しているが、そこでどんなに技術力を提供できたとしても、自分が勤めている会社がうまく回らなければ、何の意味もない。近い将来、その派遣先やよく似た会社に転職するのが目的であれば問題はないが。

ということで、自分にとっての最優先事項は自社業務である。それに全力を注ぐことで、給料が下がることになっても仕方がない。なんせ、残業時間は間違いなく減ることになるからだ。

つまり、長くなってしまったが、派遣先の仕事はある程度のところで納得してもらえるようにしよう!!その為には、不要そうなものはどんどん削除していきたいなぁ。って、机上の空論か?まぁ、。自分の場合は少なくとも、”できる社員”には、なれていないようだ。


その他、昨日書いたが、今日は自分の母親の誕生日だった。昨日のブログを見てメールを送ってきてくれた。プレゼントも無事届いたようだ。よかったよかった。(日にち、間違ってなかったようだ。忘れないようにしないと。)

そうそう、ホタル。今年もまだ飛んでいるらしい。数はだいぶと減ってしまったらしいけど。たまには見てみたい気になる。夜の8時から1~2時間くらい、猫を連れて散歩がてらホタルを見に行ったりしたのが懐かしいな。
[PR]
by duboraya | 2005-05-25 00:56 | 活動報告

5月23日 ホタルの季節

今日も一日お疲れさま。>自分

さて、恒例、本日のお仕事から。

今日は、あさからおおわらわ。なんせ予定外に製造ラインで流してたものが動いてた。びっくり。おかげでいろんなことを前倒しでやらなきゃいけなくなって、発散しかけてしまった。本当は、測定ももっと気合入れてやるつもりだったのに、しっかりと力入れて出来なかったのが痛い。とりあえず合間を見て、測定機にはかけてきたので、明日、データを見てこれからの対応を考えることにしよう。

それから、本当だったら急がなきゃいけなかったものが、ようやく動き始めた。本当に申し訳ないことをしたと思うんだけど、間接-間接だから、自分も含めて、もう対応のしようがない。切れてやってもらえなくなったら洒落にならないしな。6/E up。ううん。とてもじゃないが・・・だな。

なんて状態だから、もう大変。やっぱり帰ってきたのは0時前。歓迎会の準備もしないといけないのに・・・。明日こそは早く帰ってこないと。間に合わんのじゃない?



さて、突然だけどもホタルって見たことある?

実は自分は、源氏ホタルとか平家ホタル?とかってみたことないような気がするんだけど、ヒメホタルは、こっちに来るまで毎年見てた。なぜ?って、裏から見える田んぼの辺りとかを飛んでたから。たまに裏庭に迷い込んでくるホタルまでいるぐらいだった。そんなヒメボタルが飛ぶのがこの時期なのだ。だから、ホタルというと夏って印象があるらしいけど、自分には、この季節ってイメージが強くて、おかげで映画『ホタルの墓』の設定が良くわからなかった記憶がある。

「なんで真夏にホタルが飛んでるねん?」

って感じなのだ。いまだにホタルと言えば、この季節って感じは変わってない。

この季節。実は自分の母親の誕生日の近辺なのだ。母の日を過ぎて半月でホタルの飛んでる時期。これで憶えてる。だからというわけではないのだが、毎年申し訳ないことに誕生日の日付については忘れてしまう。5/24 or 25のはず?まぁ、ここら辺りってのは間違っていないだろうから、多少ずれてても良いかな?ってことで、この場でなんですが、


『誕生日おめでとう!!』


(多分、24日だよね?もう日を越えたから良いでしょ?違ったらごめんなさい。)
さてさて、今年も一応プレゼント送りました。が、日付指定は失敗。一つは明日届くらしい。もう一つは、今週末かな?まぁ、気長に待ってください。喜んでもらえると幸いです。(って、読んでるのかな?)
[PR]
by duboraya | 2005-05-24 02:02 | 活動報告



日々の活動日記